非日常を日常にー「行動力のある人」は美しいーACTIBASEと大朝日岳

非日常を日常に・ACTIBASE

 

 

るりかが、ずっと登りたかった山。山形県の「大朝日岳(おおあさひだけ)」

 

でも、山頂までながーい行程だから、これまでに、計画が何度もキャンセルになった山だ。

 

その「大朝日岳」へ登ることに決まったので、事前にネットで情報を集めていると、ふと巡り合った「とっても洗練されたサイト」。

 

それは、ACTIBASEのサイトだった。

 

アウトドアを通じて和をつたえる

 

 

誰もが、大量に情報を発信できる今の時代。はっきり言って、「質の悪いサイト」もたくさんあって、「目にとまる*美しいサイト」は意外と多くはない。

 

けど、ACTIBASEのサイトは、スタイリッシュなうえに、心に響く文章や写真に満ちていた。

 

 

 

 

このサイトを通じて、20代のSHOMAさんが、【18歳から34歳限定】のACTIBASE登山コミュニティを運営しています。

 

さらに、「アウトドアを通じて和を伝える」の心で、洗練されたデザインのアウトドア・ギアも販売してるよ。

 

アウトドアに興味のある人は、ぜひ、ACTIBASEのサイトを訪問してみてね!

 

ホント、るりかは、「行動力のある人」や「決断力のある人」を見ると、惚れ惚れしますわ。(*^^*)

 

るりかの週末旅は

 

 

2019年 11月3〜4日に、山ガールのるりかは、山形県にある「大朝日岳(おおあさひだけ・1870m)」へ登ってきたよ。(*^^*)

 

Ryo君の都合で、2日の夜中に、眠いまま車で移動。やっと「古寺鉱泉(こでらこうせん)」に到着したのが、朝の5時。

 

数時間だけ仮眠をとったあと、登山を開始したよん!

 


3日:「憧れていた山」に登り始めるときは、わくわくする

 


「古寺山」を目指してがんばる

 


古寺山からは視界がひらけて、「自分の目で見たかった稜線」が

 


やっと見えてきた「避難小屋」。歩けど歩けど・・なかなか着かない

 


寒くても、「山の夜の宴会」は楽しい!

 

 

 


4日:小屋から山頂へGo ! 10分ぐらいで到着!

 


「憧れていた山の頂に立つこと」。それは、この上ない至福の瞬間だ。

 


「ケガなく下山できた喜び」と「全身の疲労感」とともに乾杯!

 

 

「非日常」と「日常」と

 

 

人は、「ありきたりな日常」に飽きてしまう。

 

たとえ、本当は、「それが、とてつもなく貴重な日々」であったとしても。

 

そんなときは、「非日常」に身をおくのがいい。

 

「非日常」の新鮮な刺激と、「日常」のぬくぬく感。「その両方の愛おしさ」を感じることができるから。

 

 

2019年 11月8日 記

 

 

 

日常のいとおしさを思い出すためにも、私は、日本を飛び出さずにはいられなくなるだろう。

 

ー たかのてるこ ー

 

(エッセイスト)

 

 

page top