コンプレックスを上手に育てると、「新たな魅力」へとつながる

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


誰にでもコンプレックスが

 

 

誰にでも、大なり小なり「コンプレックス」ってありますよね?

 

るりかにも、いくつかのコンプレックスがあるけど、その1つは「髪の毛」。昔から思ってるけど、私の髪はつやがなくて・・細くって・・扱いにくい・・(´;ω;`)

 

それに比べて、街で周りを見渡すと、みんな、髪の毛がきれいだよね〜。

 

あーあ、そんな「髪つやつやな人たち」が、めちゃくちゃうらやましいよ。(*^^*)

 

がんばって髪を伸ばしてたんだけど

 

 

本当はね、ここ2年くらい、がんばって髪の毛を伸ばしていたの。

 

「腰ぐらいまでの長さ」まで伸ばそうと思ってたけど・・ついに、先日、バッサリと肩までカット!

 

だってね・・いろいろと努力したのに・・やっぱり、毛先がパサパサしちゃって、すっごくストレスだったんだもの。。

 

 

思いきってカットしてみたら、髪の毛がぐんと扱いやすくなって嬉しい!

 

でも、久しぶりに、家で「頭の上や後ろ」をまじまじとチェックしてみると、薄くなってきてる箇所があったりして・・かなりショック・・Σ(゚д゚lll)

 

ああ・・こんな切ない現実には、なるべく気づきたくなかったよ。(T-T*)

 

でも、ずっとモヤモヤしていても仕方ないので、ネットでいろいろと調べていくと・・「ウィッグ」というアイデアに辿り着いたよ。

 

るりかにとって「ウィッグ」は

 

 

ウィッグって、コスプレが趣味な人や、お洒落が大好きな人だと、日常的に活用してるよね?

 

でも、るりかは、これまでの人生でウィッグをつけたのは、昔、宴会芸をした時に1回だけ。

 

だから・・ウイッグとは、心理的な距離があったんだけど、先日、ネットで購入してみたよ。

 

お試しのつもりで、1200円ぐらいのウィッグを買ったんだけど・・これが、値段の割にはなかなかレベルが高い!!

 

 

なんか、ウィッグをつけた自分を鏡で見てたら、鳥肌がたつくらい感動しちゃったよ!

 

「絡まる」というストレスを抱えながら、髪の毛を伸ばさなくても、ウィッグがあれば、手軽にいろいろな髪型が楽しめちゃう。

 

さらに、年齢を重ねて、髪の毛がもっと薄くなったとしても・・ウィッグが活用できると思うと安心できる!

 

今さら気づくのは遅かったかも・・なんだけど、これからは、時々、ファッションの1つとしてウィッグで楽しんでみたいな。

 

ああ・・本当に、今の世の中は、「調べよう」「やってみよう」という気持ちさえあれば、「いいもの」や「新しい道」が見つかるんだなと思ったよ。

 

もつ1つの「プチ・コンプレックス」は

 


ジルスチュアートの「オイル ルージュ ティント」

 

あとね、コンプレックスとまではいかないけど、ずっといまいちだなぁと思っているのは、「メイクが苦手」ってこと。

 

まぁ、私が「メイクの勉強をさぼっている」ってのもあるんだけど、口紅なんて、塗ってもすぐに取れちゃうんだもん。

 

せっかくやる気が出たから、「口紅に関するモヤモヤも解決してみよう」と思って、ネットでいろいろ調べてみたの。(*^^*)

 

 

知ってる人はとっくに知ってると思うんだけど・・最近は、色がずっと残る「ティント・リップ」ってものがあるのね。

 

いくつかの商品のレビューを徹底的に調べて、最終的には、ジルスチュアートのティント・リップを買ってみたよ!

 


るりかは、01の色を買ってみたよ♪

 

実際に使ってみた感想は・・・結論から言うと、びっくりするほど色が長持ちする!!

 

多くのレビューに書いてあるとおり、発色がよくって、最初は、「色が濃いかな・・」と不安になるんだけど。時間が少し経つと、ちょうどいい色味になってくるから大丈夫なの。

 

唇の厚みが薄いうえに、長年、口紅がすぐに落ちていた私にとっては、これはただのリップじゃない。「私の気分を上げてくれる*癒しのリップ」だよ!

 

だって、口紅が塗り直せない環境で、「飲食しても夜になっても、唇がほのかに色づいてる」って、やっぱり、女としてはテンションが上がるよね!

 

せっかくだから、コンプレックスを味方にしてみない?

 

 

世の中の誰もが抱いている、大きなコンプレックスや小さなコンプレックス。

 

場合によっては、大きなコンプレックスに・・・心がつぶされそうになることもあるかもしれない。

 

けど、実は、このコンプレックスたちは、上手に育てていけば、「新しい魅力」につながる大きなチャンスとなる。

 

そう。今の世の中は、「調べよう」「やってみよう」という気持ちさえあれば、「いいもの」や「新しい道」が見つかるんだから。

 

 

2019年 4月26日 記

 

 

 

人間は、思考の産物だ。

 

考えた通りの人間へと、人は変化する。

 

 

- マハトマ・ガンディ ー

 

(インドの宗教家、政治指導者)

 

page top