恋愛,年齢,関係ない

私の大好きなNさん

 

 

私が、大好きな女性「Nさん」の話です。

 

「年上のNさん」とは、約7年前に知り合いました。

 

独身のNさんは、かわいいしおしゃれだし。すっごく心優しくて、品があって・・私は、会うたびに、「素敵だな」とうっとり。

 

 

でも、ちょっと違和感を抱いていたのは・・Nさんが、かなり頻繁に、「この年齢だから、○○できない」と言うこと。

 

彼女は、「年齢を重ねること」をめちゃくちゃ否定的に見ていた。

 

 

私は、彼女とランチするたびに、「Nさんは、素敵だから。いろいろな人とデートしてみたら?」と言うんだけど。

 

けど、いつもNさんは、「年だから、そんなエネルギーが沸かない」と返事。私は、彼女を大好きだからこそ・・「あー、もったいないなぁ」と感じる。

 

何年も「同じため息」を・・

 

 

Nさんが、それで、幸せならいいのです。でも、Nさんは、会うたびに「変わらなきゃね」と言って、「同じため息」をずっとついてる。

 

そして・・出会って7年たった今も、「変わらないまま」です。

 

私が、「すごーく寂しいな」と思うのは、Nさんが、「年齢という枠」で自分を窮屈にしていること。

 

 

これ、知っていますか?「思考や言葉」って、「ものすごいパワー」があって。あることを強く繰り返し思ってしまうと、「そのとおりの現実」を作ってしまう。

 

そう、自分の手で、無意識のうちに・・ね。だからね、「この年齢だから、○○できない」って思ったり、言葉にしない方がいいよ。

 

「思い込み」の怖さ

 

 

人って、無意識に、「へんな枠」を作りますよね?ああ、そういえば、るりかも・・たまにあります。(^-^;

 

 

 

「この年齢だから、○○できない」
「結婚してるから、○○できない」
「お金がないから、○○できない」

 

 

 

でも、それは、多くの場合は、「思い込み」です。そうやって、「自分で作った枠の中」に入って、ぬくぬくと安心したいだけ。

 

だって、もし、本当にやりたければね・・○○がない中でも、「どうしたら、ちょっとでも前に進めるのか?」を考える。たとえ、グチを言いながらだとしても、行動しているはず。

 

 

ずっと「せまい枠の中」でぬくぬくしていたいなら、それでもいいんだけど。

 

一方で、世の中には、「枠を飛び出せる人たち」がいて。その人たちは、「枠の外の開放的な世界」をおう歌してるんだよん。

 

なんか、「そっちの世界」へ行ってみたいと思わない?

 

そう。幸い、「前向きに行動し続けた人」には、「ごほうび」がやってくるから。(*^^*) 

 

 

 

page top