100%泣きたくなると・・表に出てくる「私の中の子供」

伝えたい想いを詩に

 

るりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 

 

 

 

 

誰の人生にも、「悲しくて泣きたくなる時間」がある。

 

そんな時でさえ、大人たちは、外では「平静」を装う。

 

しかも、今晩、あれもこれもしなきゃいけないし。
明日だって、大事な仕事があるんだから。

 

けど・・内側では、「心の中にいる子供」がしくしくと泣いている。

 

 

そう。小さな頃からずっとあなたの中にいる「インナー・チャイルド」。

 

私の心の中にもいる、「小さな子供」。

 

100%泣きたい時に、表に出てくる「この女の子」。

 

そして、その子は、いつもこう言って泣きじゃくっている。

 

 

 

「私は、がんばってるのに、どうしてこうなるの?」

 

「私は、がんばってるのに、なぜそれを認めてもらえないの?」

 

 

 

そう。これは、私が小さな頃に、ずっと感じてきた「大きな悲しみ」。

 

私は、とっても不器用で鈍くさくて。

 

いくらがんばっても、自分なりに努力しても・・たくさんの事が、「他のクラスメート」のように上手にできなかった。

 

 

そして、いろいろな人に、「結果的に、できなかったこと」を責められ、からかわれる。

 

でも、本当は・・「できなかったという結果」を見るだけじゃなくて・・・

 

「私なりにがんばったというプロセス」を褒めてほしかった。

 

でも、一部の大人は、「できなかったという結果」しか見ない。

 

 

あれから、たくさんの経験を重ねて、大人になった私。

 

相変わらず不器用だけど、物事を「それなりに」上手にこなし。

 

泣きたい時でも、「外では、平静を装えるテクニック」が身についたけど。

 

心の中では、「私の潜在意識にいるあの子供」が出てきて。

 

いつものように、こう言いながら泣きじゃくり始める。

 

「私は、がんばってるのに、どうしてこうなるの?」

 

 

すべての人の中にいる「インナー・チャイルド」。
あなたは、「心の中の子供」が泣いている時、どうしてる?

 

私は、そんな時、「子供の悲しみ」としっかりと寄り添ってあげるの。

 

そして・・こんな優しい言葉をたっぷりとかけてあげるんだ。

 

 

そうだよね。がんばったもんね。

 

それは、私が、一番知ってるからね。

 

きっと大丈夫だよ。「幸せな方向」へ行くからね。

 

 

すべての人の心の中に必ずいる子供、インナーチャイルド。

 

あなたが悲しい時に、「その子供」は、何と言っていますか?

 

そして、「その深い悲しみ」に・・ちゃんと寄り添ってあげていますか?

 

結局、自分を深く癒せるのは、他人じゃなくて「自分自身」なんだよ。

 

 

星 るりか 作

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2018 星るりか All Rights Reserved

 

 

「るりかが作成した詩」を、SNSなどで使用する場合は、

 

「このサイトを紹介する文」を付けて、使用してくださるよう

 

よろしくお願いします。(*^^*)  

page top