「伝えたい想いを詩に」

「伝えたい想いを詩に」の記事

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 嫌でも 時おり 頭の中で再生されるあの時 あの場所の記憶安っぽいドラマのような あのシーンこんなに卑しいシーンは 自分の人生とは無縁だと思っていたのに私は、目の前のオンナが演じている「したたかな弱さ」を・・はっきりと軽蔑していただけど オンナのそばには どこまでも優しく 寄り添う男性がいて本当は この男性こそ あ...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 本当は、誰にだって、分からないんだ「そんな夢を、叶えるのはムリだ・・」なんて昔、教え子のジュンちゃんが、目をキラキラさせてこんな風に言っていた「いつか、アニメーターになりたい」とそんなジュンちゃんに対して、いわゆる「大人」が、いかにも「大人な感じ」で、ドロドロと悪口を言うアニメーターになんて、なれるわけがないそん...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) なぜだか、分からないけどどれだけ誠意をもって生きていてもベストを尽くしていたとしても人生では、いくども「大試練」が訪れるみたいだ「他人ごと」だったことが、「自分ごと」になって、初めて気づくんだそう、やっと、骨や身までしっとりと染みわたる「この痛み」これまでの自分は、ちょっと傲慢だったのかもしれない・・と私たちは、...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 誰の人生にも、「悲しくて泣きたくなる時間」がある。そんな時でさえ、大人たちは、外では「平静」を装う。しかも、今晩、あれもこれもしなきゃいけないし。明日だって、大事な仕事があるんだから。けど・・内側では、「心の中にいる子供」がしくしくと泣いている。そう。小さな頃からずっとあなたの中にいる「インナー・チャイルド」。私...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 誰よりも・・一番に自分を大切にしてる?あなたの中にある「その想い」を。だって、「その想い」には、ちゃんと理由があるんだよね?大好きな人と・・ケンカしちゃった時。自分の中に、「いろいろな感情」が沸くよね。怒り、悲しみ、困惑、反省、自己嫌悪・・そのすべての感情は、ぜんぶOK。否定なんて、しなくていいの。ありのままに、...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 誰だって、いつも、至福でいたいんだ。でも・・人生では、避けられない「銀色の豪雨」。これで、いったい・・何度目だろう?この悲しみの音に、耐えなきゃいけないのは・・絶対に負けない、私は。深く・・落ちた、孤独・・こんなに、ひどく冷たい所にいても・・惨めに倒れた「この場所」で、楽しんでやる。私は、ゼッタイに・・負けないか...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 緑のゆりかご、ゆらゆら。私の心の傷を癒す、緑のゆりかご。澄みきった青空は、なぜか、せつなくて・・「ねぇ、なぜ、山に登るの?」と、不思議そうな君。山の頂を踏む、達成感?それとも、体を鍛える、充実感?緑のゆりかご、ゆらゆら揺れて・・私と君の、とっておきの、きらきら時間。それはね、後でとってつけた理屈だよ。物事の真理は...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 突然、1人ぼっちになった私意外と楽しめているよねたった1人の時間これで、何回目だろう?隣りに誰もいない、海辺のドライブはカーステレオから流れてくる、甘いバラードI will never hurt you・・ふと気づくと・・頬をとめどなく流れる・・大粒の涙絶対に、ウソだもう・・信じないあんなにも熱く、愛をささやいた...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) 張り裂けそうな心。痛い、イタい、いたい・・なんで、こんな目に会うんだろう?私なんか、このまま、壊れてしまえばいい。子供のころ憧れていた「シンデレラの物語」。純白の子供は、「幸せは永遠だ」と信じて。大人になれば、全員が、「運命の王子様」と出会い。永遠の結婚をする、「幸福のシンデレラ」になれる・・と。めでたし、めでた...

伝えたい想いを詩にるりかの詩は、ほぼ、「実体験」をもとに書いています。 (*^^*) Lena、とても優しい人。美しい心。もっと、もっと幸せになれる人。なのに・・ねぇ、どうして?ずっと「そんな恋」をしているの?「変わらなきゃね」といいながら・・また、「同じ生活」へ戻るLena。本当に・・それでいいの?そう。自分の心がね、120%の幸せを感じてるかどうか・・それが、「すべて」だよ。ねぇ、Lena。「...

page top