あなたにとって「温かい居場所」とは?

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


先日、恋人とケンカして別れそうに

 

 

先日、一緒に暮らしている恋人と大きなケンカをした。

 

誰でもそうだと思うけど・・ケンカすると、「自分の中の子供」が出てきちゃうよね?

 

だから、ケンカ中は、彼も私もとっても幼くなる。

 

「○○するなんて幼い!」と恋人を責めている*るりかも、すねて話し合おうとしない・・幼い子供だ。

 

 

困ったことに、るりかは、相手に腹が立つと・・マンションに帰りたくなって、放浪してしまうのだ。

 

ケンカをしている間は、心の中でずっと、自問自答している。

 

ここは、素直にマンションに帰って、話し合いをするべき・・だよね?

 

でも、許せないんだもん!あんなことを言う人と同じ屋根の下にいたくない!

 

るりかには居場所が・・

 

 

今、るりかは、恋人が所有しているお洒落なマンションに住ませてもらっている。

 

だから・・何らかの理由で恋人にふられてしまえば、このマンションを出ていかないといけないのだ。

 

そして・・悲しいことに、今のるりかは、収入が少ないうえに、「他県にある実家」にも帰りたくない。

 

だから、恋人に別れてしまうと・・さっそく居場所がなくなってしまう。

 

 

今回のケンカ中は、「ホテルやネットカフェ」をふらふらと放浪してた。

 

もちろん、ホテルとかにいる間は、温かいんだけど・・どちらも「退出しなきゃいけない時間」がやってくる。

 

そして、居場所がない*るりかは、寒い冬の中、あてもなくヨロヨロと放浪してた。

 

その間、ずっとこんな風に思っていたよ。

 

心の「外も中」も・・こんなにヒシヒシと寒いのはいやだ・・温かい居場所がほしい・・と。

 

ケンカ中、引っ越し先を探して

 

 

居場所のない*るりか。ケンカ中のお子ちゃまな*私。

 

あせった私は、ケンカをしていた4〜5日の間に、2件のシェアハウスやシェアルームを見学したよ。

 

贅沢はいえないんだけどね、1件目はすごーく寒い家だし・・2件目は日当たり悪いし・・

 

いかに、恋人のマンションが、日当たりがよくて、広々としていて恵まれてるのかが、心にしみたよね・・(泣)

 

 

彼とケンカした心が・・しくしくと痛む。

 

私には、「温かい居場所」がないんだ。

 

こんな目にあうなんて、私は、前世でよっぽど何か悪いことをしたんだろうか?

 

寒いから、やっぱり、恋人の温かいマンションに帰ろうか?

 

いやいや、あんなことを言うなんて許せない。

 

ということは、結局、私には居場所がないんだ。

 

この寒い冬空の下で、たった1人、寂しくて孤独な私。

 

お金が尽きて・・

 

 

お金が尽きて、恋人のマンションに帰らざるをえなくなり・・すっごい嫌だったけど、マンションへと帰宅。

 

小さな自分の部屋で、頑固に・・息をひそめてこもってたよ。

 

そうしたら、ケンカしていた彼が、ふつうに話しかけてくる。

 

そして・・自分の部屋にこもりたがる*るりかを強引にリビングへ。

 

 

しばらくは、ぎくしゃくとしていた2人だけど、1日後に話し合いをしたよ。

 

なぜ、彼が、時々、あんなひどいことを言ってしまうのか?

 

それは、「子供の頃のトラウマが原因だ」と分かったり・・と。
しっかりと話し合いをすることで、「今まで知らなかったこと」が分かったよ。

 

相手が変わると、ケンカのパターンも

 

 

相手が変わると、ケンカのパターンも変わるよね?

 

離婚した「前のパートナー」は、そっけない人だったので、こんなパターンにはならなかったけど。

 

幸い・・?今の恋人は、「ケンカすると強情になってしまう*るりか」に、辛抱づよく話しかけてくるので、仲直りをしやすいんだよね。

 

やっぱり、その辺で、「相性が合う・合わない」というのはあるのかもしれないね?

 

 

今回、とりあえず、恋人と仲直りはしたけど。
今後も、たぶん、またケンカをするし、別れる危機もあるんだろうな。

 

でも、今のるりかは、「自然な流れ」というのを大切にしたいと思ってる。

 

「自分の想い」を一番大切に・・「自分の中にある悪」にあらがいすぎることなく。

 

自然な流れで、「悪い部分や出来事」も受け入れていく。

 

だって、朝と夜があるように・・プラスとマイナスがあるのは、自然なことなのだから。

 

 

 

ものごとを「あるがままの姿」で受け入れよ。

 

起こったことを受け入れることが、不幸な結果を克服する第一歩である。

 

- ウィリアム・ジェームズ -

 

(アメリカ・哲学者)

 

 

 

2019年 2月26日 記

 

 

 

 

 

 

 

 

page top