33日間の女1人気まま旅ー長崎で見た「忘れられない光景」

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


33日間の1人旅

 

 

2017年10月22日から「33日間」にわたって、1人旅をしてきました。

 

ふと、こう思ったんです。夏に離婚した後、思いきって仕事をやめたから。

 

今が、「やりたいこと」をガンガンするチャンス。

 

私は、自由な独身。時々寂しくなるけど、誰も干渉する人はいない。

 

久しぶりに、海外旅行へ行きたい。でも、今は、資金がない。

 

そうだ!私、九州へ行ったことがない。今が、チャンスだ!

 

ということで、突然、九州へ旅立つことに。

 

旅のスタイル

 


私の車中泊

 

私は、あまり計画をたてずに、気ままに動くのが好き。

 

登山が趣味なので、登山中心の旅にしたい。だから、「自分の車で移動する旅」に決定。

 

そして、基本的に「車中泊」のスタイルで旅をしました。

 

私は、車中泊が大好き。

 

いつどこでも、気楽に車中泊ができるように、車の中に、寝袋を常備しています。

 

全国的に、「おしゃれな道の駅」が、たくさんあるし。

 

一晩中、明かりが灯っているから安心。清潔なお手洗いがあり、そこで洗面が使える。

 

多くの場合、道の駅には、同じ車中泊をする仲間がいる。だから、「道の駅での車中泊」は、安心でお勧め。

 

旅の行程

 


登山バッジ

 

最初は、約2週間のつもりが・・結果的に、「33日間の旅」に。

 

予想以上に、自分の気力と体力が続いたことにびっくり!

 

登った山は、百名山を含めて11個。

 

 

 

○九州    
     九重山、祖母山、由布岳、多良岳、普賢岳、高千穂峰、開聞岳。

 

○四国
     石鎚山、寒風山〜笹ヶ峰、劔山。

 

○紀伊半島
     八経ヶ岳。

 

 

 

九州は、「右回り」にゆっくりと旅をしたよ。

 

その後は、カーフェリーで四国へ渡って、四国を「西から東」へ移動。

 

四国の後は、カーフェリーで「紀伊半島」へ。実家がある「愛知」へ寄ってから、新潟へ帰宅。

 

登山だけではなく、観光地も回った。

 

ひと言では語りきれない。

 

たくさんのハプ二ングに・・その中から生まれる心に残る思い出。

 

この旅で得たものは?

 


 霧島連山の「高千穂峰」にて

 

こんな旅をしたら、何を得られると思いますか?

 

私の場合は、さらに「自信」がつきました。

 

基本的に「ビビりな性格」だから・・昔の私なら、こんな旅はできなかった。

 

昔の私なら、

 

「事故を起こしたら、いやだな」「○○になったら、こわい」

 

こんな不安にとらわれて、行動できなかったかも。

 

 

でも、今の私なら確信できる。

 

不安の80%は、起こらない。不安の大半は、「勝手に心の中で作りだすもの」。

 

「ビビりな自分」を自覚できているからこそ・・私は、昔から「1人で長旅できるたくましい女」に憧れていた。

 

この年齢にしてやっと、「憧れの女」になれました。
その自信は、「これからの私」を、さらに魅力的にしてくれてるはず。

 

長崎での忘れられないシーン

 


2017年11月3日 長崎にて

 

長崎は、夜景がとても美しい。

 

夜景が美しいレストランで、お酒を飲むことにする。

 

そこで、人生初の「不思議な光景」を目にしました。

 

今でも忘れられない「強烈なシーン」。

 

 

窓ぎわに座っている1人の年配女性。

 

食事が運ばれると、「もう1人」のために、お皿に取り分ける。

 

ワインをグラスに注ぐと、隣りのグラスと乾杯。

 

時々、「隣りの人」に語りかけてるみたい。

 

食後のコーヒーも、2つ注文。

 

なぜ、「この光景」が不思議なのか?

 

それは、隣に人がいないから。

 

その女性は、ずっと1人だから。

 

あなたの姿が、見えなくなったとしても

 

 

事実は、女性に聞かないと分からない。でも、勝手にいろいろと想像してしまった。

 

「愛する人」が、天国へ旅立ってしまった。

 

その「心から愛する人」と、今でも一緒に旅をする。

 

姿は見えなくなったけど、「いつも一緒」と信じている。

 

私は、自分が想像した「その深い愛」がうらやましくて、心が震えた。

 

すべては私の想像なので、事実と違うかもしれないけど・・ネ。

 

 

私が、天国へ旅だって、姿が見えなくなったとしても。

 

それでも、ずっと私を愛してくれて。そして、「まだ隣りに存在している」かのように扱ってくれる人。

 

そんな「深い愛」を体験することができたら。

 

 

 

 

人がこの世で知る最高の幸せ。

 

それは、誰かを愛して、そしてその人から愛されること。

 

ムーラン・ルージュ  (映画)

 

 

 

 

2017年 12月11日 記

 

 

 

 

page top