「るりかのロスト・バージン体験談」

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


るりかの「ロスト・バージン」

 

 

今回は、るりかの「ロスト・バージンのリアルな体験談」を話しますね!

 

自分で言うのもなんだけど・・るりかは、どっちかというと、ピュアなタイプで。

 

「人生にたった1回しかないロスト・バージン」を大切にしたいと思ってた。

 

 

そう。絶対に「大好きな人と」じゃないといやだ!
そして、「特別にロマンチックなシチュエーション」で・・ね。 (*^^*) 

 

だから、いろいろな人とお付き合いはしたけど。
21歳でロスト・バージンするまでは、「途中まで」はしても・・セックスまでいかなかったよ。

 

21歳の時に

 

 

21才の時に、大好きな彼と行くことになった「軽井沢」。
この旅で、私は、この彼と「ロスト・バージン」をすることに決めたの。

 

女性なら分かってくれると思うけど・・それは、不安と恐怖でしかない。。

 

あんなものが、体の中に入ってくるなんて!
しかも、1回だけじゃなくて、何回も!!

 

でも、「お付き合い8ヵ月になる彼」のことは、大好きで大好きで!
彼は、私の気持ちを大切にしてくれて、8ヵ月も待ってくれている。

 

 

私たちの出会いは、夜の街でのナンパだった。
彼は、背が高くて、とってもかっこいい人。

 

彼は、すぐに、私のことを好きになってくれたけど。
私の方は、彼が弱気でおどおどしてる性格に見えて、全然好みじゃなかった。

 

でも・・友だちとして遊ぶうちに、本当の性格が分かってきて。
「少しずつ、ずうずうしくなっていく彼」のことを好きになっていった。

 

そう。るりかは、「押しの強い、ちょっとずうずうしい人」が好きなのだ(笑)。

 

軽井沢を観光

 

 

旅の行先を「軽井沢」と決めたのは、るりかだ。
ベタかもしれないけど、軽井沢のようなおしゃれな観光地で、ロスト・バージンしたかった。

 

そして、「人生に1回しかない大切な時」のために、かわいいペンションを予約。

 

1日目は、浅間山麓の「鬼押出し園」へ行ったり、軽井沢にある「おしゃれなお店」を周ったりする。

 

そして、どんどんと「ドキドキの運命の夜」は、近づいて来る。

 

 

繰り返しになるけど、女性にとっては、恐怖でしかないんだよ。
経験ずみの友だちは、「初体験は、高温のトングで、何回も突き刺される感じ」と言ってたし(泣)

 

すっごくこわい・・できれば、逃げたい・・ (T-T*)

 

でも、るりかは、彼のことが大好きで愛おしくて。
だから、「ロスト・バージンの相手」として最高の人。

 

 

40代になった今でも、はっきりと覚えている。

 

身長180p・・とかなり高い彼の・・男らしい肩のライン。
「るりか」と呼ぶ、少年のような優しい目と声。

 

あの当時、私は、あの人のことが、壊れるくらい・・好きだった。

 

ついに、運命の夜がやってきた

 

 

ついにやってきた「一生に一度のその時」が!

 

詳しく覚えているわけじゃないけど。
確か、1日目の夜は、あまりにも痛くて、途中でやめてもらった気がする。

 

そして、2日目の夜に「ロスト・バージン」。

 

かすかに覚えている記憶は。

 

彼は、「宝物のように大切に」私を扱ってくれて・・

 

もちろん、「人生で初めて経験する痛み」で、「気持ちいい」どころではなくて。「ごめん・・痛い・・けど、がんばる」って言っていたような記憶がある。

 

 

男らしいにおい、荒々しい息づかい、私を愛おしそうに見る「あの目」。

 

「今、彼は、私を必要としてくれている・・」を体の細胞1つ1つで感じることができた時間。

 

その間ずっと、私は、とっても幸せな気持ちだった。

 

おかげで、私は、「セックスって、美しい愛の行為なんだ」と肌で感じることができた。

 

その後、彼とは

 

 

結局、彼とは、4年間の真剣なお付き合いが続いて。

 

最初のうちは、彼が、るりかにぞっこんだったんだけど。
年月とともに逆転して、るりかの愛の方が強くなっていった。

 

そして、ある日、突然やってきた「大失恋」。

 

「るりかに、情はあるけど、愛はなくなった」と言われてしまった。

 

「彼と別れる日」がくるなんて、全く想像してなくて。
結婚すると思ってたし、「こんなに大きな失恋」は初めてで・・かなり戸惑ってしまい。

 

苦しみに苦しみ抜いて・・立ち直るのに、なんと「2年も」かかりました。

 

 

でも・・人は、弱いけど、意外と強い生きものでもある。

 

2年間も、「2度と、あんな深い恋愛はできない・・」と嘆き苦しみ抜いた私なのに。
立ち直った後は、何もなかったかのように、「あの恋以上の素敵な恋愛」をいくつかした。

 

今となっては、「心温まる20代の想い出」となっています。

 

「旅の動画」が残っています

 

 

ちょっと恥ずかしいのは・・
今でも、「その軽井沢の旅を撮影した動画」が残っていること。

 

1年ほど前に、プロに頼んで、「想い出のテープ」をデジタルに変換してもらって。
20年以上ぶりに、旅の想い出動画を見てみたけど。

 

動画では、お肌ぴちぴちの若いるりかと・・かなりラブラブな2人。
観光地ではしゃぐ2人や、部屋でくつろいでいる2人などなど・・たくさんのシーンがある。

 

ホント、「20代の自分が動いている動画」を見るのって、照れるよね〜 (*・・*)

 

ところで、大人になるほど、「ロスト・バージン体験談」って聞きにくくなるよね。

 

るりかの「ロスト・バージン体験談」、いかがでしたか?

 

 

 

 

 

2018年 9月2日 記

page top