まつげエクステ初体験ー小さなチャレンジで「オンナ力」アップ!

どうしてオンナでいたいのか?

 

 

愛する男性と結婚して、数年の月日が流れていく。

 

この人を大好きだから、私のこと・・愛おしいと思ってほしい、ずっと。

 

1つ屋根の下で暮らしている「同居人」として・・なんかじゃなくて。

 

そう。ずっと一生、「オンナ」として見てほしい、そう扱ってほしい。

 

だからこそ、私は、「オンナ」として魅力的であるために、いろいろな努力をした・・はずだった。

 

でも、やっぱり、みんなが言うように・・お互いに恋してたはずの私たちは、「同居人のような関係」になっていった。

 

 

愛する男性が、私に触れなくなっていく・・という地獄のような孤独。

 

浮気なんてする勇気がなかったから、ただただ、その「オンナとしての孤独」に耐えるしかなかった。

 

あとね、私は、他のオトコに抱いてもらいたいんじゃない、「あなた」に触れてほしかったから。

 

 

強く愛し合っていたはずの私たちが、こんな2人になってしまったのは・・

 

私が、女性としてかわいらしくあり続けられなかったせい?

 

それとも、そっけない彼が、私に愛情表現をしてこなかったせい?

 

1つだけはっきりと分かっているのは、気づかないうちに、2人の絆が壊れていったこと。

 

そして・・私は、ある日突然、愛する人に捨てられた。それも、とても残酷なやり方で。

 

 

その時にできた「ナイフでえぐられたような醜い傷」は、いつまでも消えることがなく、るりかが、一生抱えていかないといけない涙だ。

 

けど、私は、どんなにひどい傷も涙も・・よい方向へ生かしてみせる、そして、2度とあんな想いはしない。

 

だから・・クズのような「あの経験」を教訓に、自分磨きを続けていく。

 

オンナとして、恋愛に遊びに・・と楽しくて自由で最高の人生を歩むことに決めたから。

 

小さなチャレンジから

 

 

るりかは、ここ1年半、いろいろな方向から「自分磨き」をがんばってきたよ。(*^^*) 

 

だって、「一生、オンナとして、恋愛に遊びに・・と輝きたい」という強い想いがあるから。

 

華やかな洋服やアクセサリーを買ったり・・クリニックでリフトアップしてみたり、お腹に肉がつかないように、ジョギングや運動をしたり。

 

 

そして・・最近よく聞くようになった「まつげのエクステ」、半年ぐらい前から気になってたんだよね。

 

るりかのまつげは、とっても短くてインパクトなし。本当は、つけまつげやマスカラをすればいいんだけど、上手くできなくてあきらめていた。

 

小さなチャレンジだけど、先日、まつげのエクステを初体験してきたよ。

 

「初めてのこと」って不安だよね?

 

 

こんな小さなチャレンジなのに・・必要以上に不安になっちゃって・・(^-^; 新潟市内にあるサロンに予約を入れた後も、「やっぱりキャンセルしようかな」と迷っちゃった。

 

「気になったことは、どんどん行動していく」のがポリシーのるりかなのに・・あー、ダメだなぁ。

 

予約した時間にお店へ行って、カウンセリングを受ける。初回なので、100本で2800円だったよ。

 

 

おしゃれで落ち着く個室で、約1時間の施術・・ずっと目をつぶっていないといけないのが、意外と大変だったかな。

 

ついに完成して、鏡を見た感想は・・「あれ!?予想以上に雰囲気が変わった」ってことかな。

 

なんだか、自分じゃないみたい・・目元が華やかになって、自分なのにちょっとドキドキする

 

すっきりした!

 

 

まつげのエクステは、よい印象だったから、今後もやっていくと思う。(*^^*) 

 

今回、一番よかったのは、「初体験したことで、いろいろと分かってすっきりしたこと」かな。

 

人って、実際にやってみないと、必要以上に悪い想像が膨らむというか・・考えすぎちゃうよね?

 

こんな「小さなチャンレンジ」を積み重ねていけば、ずっとオンナとして魅力的でいられるはず。

 

そう。るりかは、あの涙を抱えながらも、オンナとして、恋愛に遊びに・・と最高の人生を歩むことに決めたんだから!

 

 

 

 

成長を続けた女性の“成熟”には、息をのむほどの美しさがある。

 

ー ナオミ・ウルフー (ジャーナリスト)

 

 

 

2019年 2月1日 記

 

 

 

 

 

 

 

 

page top