たまには「高級ホテルのバー」でときめくデートしませんか?

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


日常的にときめいていますか?

 

 

あなたは、恋人と「ロマンチックなデート」をしていますか?

 

そう。お付き合いが長くなってくると・・らく〜な方に流れがちだよね?

 

 

ロマンチックなバーよりも・・居酒屋。

 

さわやかな高原ドライブよりも・・スーパーマーケット。

 

美しい星空よりも・・テレビ番組。

 

「あなたが好きだよ」とささやくよりも・・相手に対するグチや文句を言う。

 

 

そして・・その行動パターンに合わせて・・どんどんおしゃれもしなくなっていく。

 

もちろん、居酒屋やスーパー、テレビ番組は楽しいし、それを否定してるわけじゃない。

 

でも、年齢に流されずに・・いつまでもパートナーとときめいていたいのなら、たまには、とびっきりのおしゃれをして、高級なバーでデートしてみませんか?

 

恋人と出逢って1年になりました

 

 

先日、るりかは、「恋人と出逢ってから1年」をむかえました。(*^^*) 
離婚後、気持ちが落ち着いた頃に出会って、一緒に暮らしてきた恋人。

 

この1年間、私たちなりにいろいろとあったけど・・やっぱり、相性は大切だなぁと感じています。

 

「お互いが心地よくいられるお付き合いをする」には、時には、「本音でケンカすること」も必要。

 

でも・・残念ながら、付き合っている相手によっては、いくら努力しても・・どうにもならないこともある。

 

だから、「自分にプラスのエネルギーを与えてくれる相手」は、貴重な存在だよね?

 

るりかの願い

 


焼肉レストランで乾杯♪

 

実は、るりかは、20代の頃から「ロマンチックなバー」が大好き。

 

でも、30代で結婚してからは、相手が嫌がったこともあって、バーへ行くことはなかったよ。

 

離婚後、今の恋人と付き合い始めてからも、登山や温泉、居酒屋ばかり。

 


素敵な洋服で、普段以上の魅力が!

 

先月・・・恋人に「たまには、ロマンチックなバーへ行きたい!」とお願いしてみたら、すんなりとOKが!

 

そして、12月9日に、2人で「いつもはしないような*おしゃれ」をして、新潟市内へ出かけました。まずは、「焼肉レストラン」で、おもいっきり空腹を満たします。

 

新潟市内の「ANAクラウンプラザホテル」へ

 

 

次に・・新潟駅近くにある「ANAクラウンプラザホテル」のバー*リオンドールへ。

 

実際に行ってみると、写真だけでは完全には伝わらない「高級感や美しさ」があるよ!

 

キャンドルが灯る雰囲気も、きらきらと光る夜景も・・スタッフの美しいふるまいも・・すべてが上質!

 

あー、ここへ連れてきてもらってよかった〜〜。彼は、バーの雰囲気に癒されて、かなり眠そうだったけど・・ネ。(笑)

 

 

でも、店内を見渡すと・・圧倒的に女性が多かったよ。一般的に、男性よりは女性の方が、料理の味だけじゃなくて「雰囲気」も重視するよね?

 

女性の方が、「素敵な雰囲気に包まれて・・ゆっくりと時間を過ごしたい」という気持ちが強いのかな。

 

 

だから・・あなたのパートナーが、デートで「ロマンチックな場所」へ行きたがらないとしたら。

 

やっぱり、女性のあなたが、パートナーを説得しないと、ロマンチックな場所へは連れて行ってくれないかも。

 

いつまでも女性として

 

 

私たちは、年齢を重ねるにつれ、自然に任せていたら・・当然、お腹は出てくるし・・とびっきりのおしゃれもしなくなってくる。

 

なぜだか分からないけど・・世の中を見ていると、そうなっていくのが「自然な流れ」らしい。

 

みんな、20代・30代の時は、それなりにおしゃれをして、女性として磨きをかけていたのにね?

 

でもね・・何歳になってもときめいて、女性として大切にしてもらうことは、可能なんだよ。

 

そのためには・・「自然な流れ」とやらに、ある程度は抵抗して、非日常を演出していかないとね。(^_-)

 

 

たまには、居酒屋じゃなくて、「ロマンチックなバー」へ。

 

スーパーマーケットへ行くだけじゃなくて、「さわやかな高原ドライブ」へ。

 

時には、テレビ番組を見るのをやめて、「美しい星空」を2人でゆっくりとながめてみる。

 

たまには、「あたりまえの存在になってしまった相手」へ・・「好きだよ」とがんばって伝える。

 

 

そうすると・・ほら・・不思議!

 

その行動パターンに合わせて・・2人の間に「潤い」や「ときめき」が増えていくよ! (*^^*) 

 

 

 

成長を続けた女性の“成熟”には、息をのむほどの美しさがある。

 

ー ナオミ・ウルフー (ジャーナリスト)

 

 

 

2018年 12月18日 記

 

 

 

page top