新潟市には「英会話カフェ」がないの?

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


新潟市にはなぜ?

 

 

なぜ新潟市には、毎日オープンしている「英会話カフェ」がないんだろう?(2017年現在)

 

英会話学校は、たくさんあるけど、学校は、どうしてもお金がかかります。

 

さらに、心理的な敷居が高いかも。

 

でも、英会話カフェがあれば、好きな時にふらっと立ち寄れるよね?

 

 

東京にある「Alpha」という英会話カフェは、1時間で1000円。
1人がネイティブで、他は日本人。

 

東京へ歌舞伎を見に行った時に、そのカフェに寄ってみたけど。

 

肩の力を抜いて、英会話をすごく楽しめて・・この「気楽さ」が、いいなぁと思ったよ。

 

ネット検索で見つけた「英会話BOX」

 

旅から帰ったら、「新潟市、英会話カフェ」で検索したら、「英会話ボックス」を見つけました!

 

月に数回、初心者や上級者の参加者を募って、新潟県内のカフェや施設で、「グループ英会話」を開催しているみたい。

 

よし、参加してみよう!

 

ということで、7月20日(木)に参加してきました。

 

はるばる新潟市へ

 

 

今、私は、新潟市には住んでいないので、高速バスで2時間以上かけて、やっと新潟市へ到着〜。

 

新潟市は、都市のわりには、緑が多くていいなぁと思う。

 

デパートへ寄って、田舎では見られないお店(Afternoon Teaとかローラアシュレイとか)をうきうき気分で回って、時間をつぶす。

 

英会話の場所は、「Blue Cafe」というカフェ。

 

万代橋から徒歩で10分くらいかなぁ。
開催時間は、今回は、「1時30分から3時」まで。

 

 

1時20分ぐらいにカフェに到着する。
奥に長細いテーブルがあり、もう3名がいらっしゃってました。

 

まずは、本日の進行役の女性に、参加費の500円を払う。
その後で、好きな飲み物を注文。

 

ついにスタート

 

 

今日の参加人数は、11名(記憶違いでなければ)。

 

実際に始まる前は、どきどき!
みんなが、どのくらいの英語レベルか分からないしね。

 

予想をはるかに超えて、進行が上手でしたね。

 

だらだら〜としてしまうのが、心配でしたが・・進行役の方が、活動時間を区切ってくれたので、全体の流れにメリハリがありました。

 

具体的には、こんな流れでした。

 

 

 

1 3人グループで、自由に英会話する。(10分くらい)

 

2 時間が来たら、全体に向けて「グループで何を話したか」を発表する。

 

 

 

この流れを繰り返します。

 

この流れだと、いろいろな人と話ができるだけでなく、全体で情報を共有できるから、おもしろかった。

 

みなさん、英語が上手!

 

 

びっくりしたのは、みなさん、英語が上手!

 

年代は、バラバラだったんですが、参加者の英会話のレベルは、高かったですね。

 

年代が違うぶん、いろーんな話題で話が盛り上がりました!

 

今まで、自分の英語には、そこそこ自信を持っていた私。

 

でも、今回参加したことで、よい刺激を受けて、

 

 

 

もっともっと、自然な発音ができるようになりたい。

 

もっともっと、いろいろな話題で、流暢な英語を話したい。

 

 

 

と強く思いました。

 

やっぱり、同じ趣味の人と交流して、刺激を受けるって大事ですよね?

 

約1ヶ月後には、新潟市へ引っ越す予定だし、こういった場にどんどん参加して、楽しもうと思っています。

 

 

 

いつも闘いです。

 

自分の古いものを捨て、いかに新しいものを出すか。

 

乙羽 信子 女優

 

 

 

page top