離婚後は自分に優しく

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


ショックな出来事

 

 

突然ですが、離婚することになりました。

 

私にとっては、突然の出来事なので、すごくショックだし、驚いています。

 

私と彼は、趣味が同じで、仲がよい夫婦だと思ってたし、日常でも、さまざまな事を・・共に乗り越えてきました。

 

最近まで、週末には仲よくお出かけをしていたから・・

 

「なんで急に、こんなことになったのだろう?」というのが、私の正直な気持ちかな。

 

「ひどくつらい時があったら、自分の気持ちは、適切に外に出した方がよい」というのが、私のポリシーなので。

 

こうやって文章に書いて、自分の気持ちと向き合い、悲しみを「ゆっくりと」浄化させていきたいと思います。

 

私にとっては、まさかの結末

 

 

私なりに、結婚生活では努力したつもりだった。

 

「本音を言いあえる夫婦でいたい」と思っていたから、そのつど、本音を伝えてきた。

 

結婚当初は、うまく話し合いができなかったけど・・

 

夫婦としての経験を積み重ねるうちに、話し合いで上手に解決できるようになっていった。

 

だから、「お互いに成長してるし、いい感じだなぁ」なんて思ってた。

 

違う人間が、1つ屋根の下で生活するので、もちろん、お互いに不満は出てきます。

 

でも、まさか、離婚につながるほど大きくなるなんて・・予想もしていなかったな。

 

実は・・・

 

 

結婚生活を振り返ってみると、本当は、私は、さみしかったのだと思います。

 

もともとそっけないタイプの人が好きで、彼と結婚したのですが。

 

結婚生活を通して、初めて理解した「自分の特性」がある。

 

実は、私は、優しい言葉がほしくて・・スキンシップもしてほしいタイプで。。

 

でも、この結婚生活では、それが得られなくて・・ここ数年は、寂しくて泣くことが多かったかな。

 

「できている点を認めてほしい」

 

私の根底には、小さな頃からずっと、こんな気持ちがある。

 

 

 

私は私で、彼に対してわがままな事をしてきたと思う。

 

怒りが沸いたり、傷ついたりすると、気持ちを分かってほしいあまりに、時にひどく責めてしまった。

 

彼は、すごく前向きで、さっぱりした人。だから、そんな私に対して、愛情が冷めたようです。

 

でも・・反省はするけど、後悔はしていません。

 

だって・・私なりに努力をしたし、当時はそうするしかなかったから。
自分を大切にしたいし、本音を言うことも大切だから。

 

「お互いに、もっと相性のよい相手とパートナーになった方がいい」と、今は思っています。

 

今の気持ちと対面する

 

 

最近、長年ぶりに1人暮らしになりました。

 

正直、「家の中に自分の物しかない生活」は、とても寂しい。

 

私も、人間だから、時々どろどろした気持ちが出てきて・・そんな時は、心と向き合うのがつらい。

 

でも、「どろどろした気持ちを見ないのは、結果的によくない」と、経験上分かっているので。

 

どろどろした気持ちが沸いてきたら・・

 

 

「私は、それだけつらいんだよね」

 

「あんな事があったんだから、今は仕方ないよね」

 

 

と、「自分の気持ち」を優しく抱きしめてあげています。

 

とにかく、こんな時こそ、自分を大切にしたいですよね?

 

 

 

今、私と同じで、つらい気持ちで苦しんでいる人がいると思います。

 

とにかく、自分に優しくしてあげてね。

 

「自分の心が望んでいること」を積極的にしてあげてね。

 

 

 

「今」この瞬間を大切に生きる。

 

それが自分への挑戦であり、明日への道へと続いていく。

 

ー 荒川静香 − 

 

フィギュアスケート 金メダリスト

 

 

page top