カナダ人と恋人だった1年間

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


カナダ人男性とお付き合いした1年

 

 

るりかは、32歳ごろ、1年間、カナダ人の男性と恋人でした。

 

「外国人と付き合う」ということは、当時の私にとって、わくわくな経験だったよ。

 

今回の記事では、その1年をざっくりと振りかえりますね! (*^^*)

 

当時の私は

 

 

当時、私は、1人暮らしをしていました。

 

春に、「人生初の1人暮らし」をスタートしたとたんに、ひざを痛めて、2週間入院。

 

退院後、また1人暮らしに戻った時に、不安で寂しかったのをすごーく覚えてる。

 

 

9月になって、ひざが治ってきたから、三重県の「藤原岳」へ1人で登りに行ったよ。

 

平日なので、他に登ってる人に会わず・・久しぶりの登山で、すごくうれしかった私!

 

登山の途中で

 


当時のるりかの写真

 

8合目あたりで、ガンガンに登ってくる背の高い人が。挨拶をしたら、その人が外国人だったことにびっくり!

 

「藤原岳って、そんなに有名な山でもないゾ」とびっくりしつつも、その男性と、数分間だけ立ち話をする。

 

とても明るくて人なつっこい人で、その時に、「あとで、一緒に下山しよう」と言われたよ。

 

 

下山途中で、また彼と遭遇して、一緒に名古屋へ電車で戻ったの。

 

名古屋で、一緒に夕ごはんを食べて意気投合!確か・・そのあと、私のマンションに招いたかな。

 

でもね、しばらくは、男女の関係はなかったよ・・(笑) 彼は、とても紳士でした。

 

時に、女は、そんな「男性の紳士的なふるまい」に惹かれるのです。 (*^^*)

 

(でも、私のマネしない方が、安全ですよね)

 

あれ?彼が帰宅してきた?

 

 

次の朝、起きると、彼の姿がなく、メモが置いてあるのに気づいた私。

 

そのメモは、確か・・「彼からの感謝の言葉」だったかな。

 

彼も、日本の各地を気ままに放浪しているみたいだったので、「これで、さよならかなー」なんて思ってた。

 

 

だから、夕方に、その彼が「ただいまー」と帰ってきた時には、びっくり!

 

「ただいまとは??」と、私の頭の中が「???」となりました(笑)

 

でも、深く考えずに、さらっと流してしまうのが、私の短所でもあり・・長所でもあり。。

 

そのまま、彼に泊まってもらうことになったよ。私も、1人暮らしで、寂しかったんだと思う。

 

恋人関係に

 

 

彼は、とても明るくてユニークな人で、一緒にいると楽しかった。

 

彼の日本語は、初級レベルだったから、私たちの会話は、大半が英語。

 

私は、今ほど英語を話せたわけじゃなかったから、時々、コミュニケーションに苦労したよ。

 

そうそう。いつから、彼と恋人関係になったのか、気になりますよね?(笑)

 

 

出会いから1週間ほどたって、2人で並んでテレビを見ていたときに。

 

彼がふと、私の顔をじーっと見つめて、髪を優しくなでてきて・・

 

ロマンチックな時間がゆっくりと流れて、私も、「ついに、その瞬間が来るんだ」と思ってドキドキ。

 

おでこにソフトなキス、次にほほに・・そして・・私の唇へ。

 

こういうキスって、映画のワンシーンみたいなキスで、ときめきますよね?

 

こうして、私たちは恋人関係になり、正式に同棲することになったのです。(*^^*)

 

(後編へつづく)

 

 

 

 

桜は散ることを知りながら、それでも咲くことを恐れない。

 

未詳

 

page top