(恋愛相談)2年近く不倫関係にあった彼と突然別れて、本当に本当に辛いです

ご相談内容(Eさん 20代女性)

 

 

 

2年近く、不倫関係にありました。

 

一緒に住んでいたのですが、突然終わりました。

 

一緒に住んでいた家に、いきなり彼の奥さんが来て、離婚は絶対しないこと、もう会わせないこと、慰謝料を請求することを言われました。

 

最後、彼と2人で話せる時間はありませんでした

 

付き合ってすぐは、私の一人暮らしの家に週に3・4回泊まっていたのですが、
彼とすぐに結婚できないのが辛くて、私から「別れたい」と言ったことがあります。

 

付き合って1年経ったときくらいです。
その時、彼は泣きながら、こんなに人を好きになったことはない、私と結婚できるようにすると言って。

 

そこからは、2人の家を借りて、新婚のような生活を送っていました
その後、もう嫁や子とは会ってないときいていました。

 

彼と別れてからは、私の実家の持ち家がいくつかあったので、今は、そこに1人で住んでいます。

 

お金にも余裕があったので、慰謝料もさっと払いました。

 

今、彼と別れて2ヶ月ですが、 本当に本当に辛いです

 

彼とは、もう連絡をとっていません。

 

次の恋愛に向けて進もうと思い、 連絡先を全て消しました。だけど、本当に苦しいです。日に日に苦しくなっていきます

 

毎日、抱きしめて寝てくれたし、本当に大好きでした。
毎月、旅行やデートに連れて行ってくれ、 誕生日やクリスマスには手作りのものをプレゼントしてくれました。

 

彼は、普通のサラリーマンでお金持ちとかではなかったのですが、いつも私のことを考えてくれていました。

 

どうすれば、この気持ちを忘れられますか?

 


 

Rurikaの答え

 

ご相談いただき、ありがとうございます。

 

読んでいると心が痛くなるほど劇的な内容で・・Eさん、本当にホントに辛い経験をしましたね

 

一緒に暮らしていた愛する彼。その人と、最後に2人で話せる時間がなく別れなきゃいけなかったこと・・など、心が引き裂かれそうなぐらいに絶望的な体験だと思います。

 

私も、これまでの人生で、「心から愛する彼」や「愛して尊敬していた*だんなさん」と突然に別れなきゃいけなかった経験があるので、その絶望感や喪失感は・・息が詰まるほどに分かります。

 

特に、20代は、「大失恋の経験」が少ないと思うので・・・だからこそ、余計にどうしていいのか分からないはず。

 

愛する人を失ってしまうと、心にぽっかりと穴があいて、「これからの人生が暗闇に包まれている」ように感じてしまう。

 

 

 

ただ・・こんなことを言ってごめんなさい。るりかは、どうしても、Eさんがお付き合いしていた「既婚者の彼」に対して腹がたってしまいます。

 

結果的に、Eさんをこんな目に合わせた「彼」が、心憎いです。そして、その彼は、Eさんに対してだけじゃなくて、奥さんにも「こんなふるまい」をさせてしまうような、ひどい想いをさせたのですね。

 

もちろん、彼は、Eさんをとっても大切に想っていたのだと思います。

 

それでも・・どんな理由であれ、最終的には、Eさんを選ばなかった。「選べなかった」のではなく、「選ばなかった」のです。

 

この現実と真正面から向き合っていくことが、今後、本当の意味で立ち直って、この経験を「人生の糧」にしていくために必要となります。

 

 

 

 

 

「どうすれば、この気持ちを忘れられますか?」という質問ですが、正直言って、ムリやり忘れることは難しいです。

 

人の心は複雑で・・それほど簡単にコントロールできるものでもないから。でも、少なくとも、一番いいのは、「徹底的に自分の感情を受け入れて味わい尽くすこと」です

 

それと同時に、「辛い気持ちや本音」を・・1人でいるときに「涙やひとりごとのカタチ」で外に出したり、誰かに話すなどして外へ発散すること

 

それに加えて、下に「深い悲しみから立ち直るために、役に立つ行動」を挙げてみますね。(よくありがちなアドバイスかもしれないけど、かなり効果があるので)

 

 

 

 

 

(軽くでもいいので)運動を習慣にする

 

「運動が脳に与える影響」の中には、エンドルフィンの生産を活性化するというものがあります。

 

エンドルフィンは、神経伝達物質として作用し、鎮痛剤のように痛みを軽減して、幸福感を生み出してくれるそうです。

 

だから、軽い運動、例えば、ストレッチやヨガ、ウオーキングなどの軽い運動を毎日することをおススメします。

 

だいぶ昔の話になりますが、芸能人の国生さゆりさんが、「有名人のNさん」と破局して心も体もボロボロだった頃。

 

まずは、5分、10分のジョギングからスタートして・・そのおかげで食欲が戻ってきて・・体が健康になったら、「壊れていた心」も回復していったと話していました。

 

 

「大失恋をした人に向けた書籍」を読む

 

 

私から見ると、Eさんが経験したのは「大失恋の1種」です。

 

そんな時に、書籍は、大きな助けとなってくれる。(私自身も、「雑誌の失恋特集」の数ページに大きく救われたことがあります)

 

あったかいコーヒーでも飲みながら・・いろいろな本に書いてある「心優しいコトバ」に触れて、ほっこりと癒されてくださいね。

 

 

カウンセリングを何回か受ける

 

よく言われることですが、「内なる苦しみ」は、外へ解放した方がラクになることが多いので。

 

とはいえ、知り合いや友だちには言いにくいですよね?

 

そんな時のために、カウンセリングがあります。心理内科などでは、ゆっくりとカウンセリングの時間をとってくれるところがあるので、上手に活用するといいです。

 

(私は、カウンセリングをたまに活用していて、「話をよく聴いてくれるカウンセラーさん」にはめちゃくちゃ支えてもらいました)

 

 

落ち着いてきたら「新しい環境」を作る

 

時間がたって落ち着いたら、「新しい環境」を作ってみてくださいね。

 

「大失恋を乗り越えた体験」を聴いてみると、多くの人が、「新しい環境」が大きく心を救ってくれたって言っています。

 

例えば、新しいサークルに入って、そこで新しい仲間が出来て・・そのうちに素敵な恋の出会いがあって・・それが、「昔の彼のことなんて忘れてしまうくらいの魅力的な男性」だったという話は、とってもよく聴きます。

 

今は、まだムリだと思いますが、もっと時間がたって心が少し落ち着いてきたら、「新しい環境」を作ってみるのも効果的です。

 

 

 

 

 

ここで質問ですが、仮に、自分が骨折をしたり大量に血を流した場合、どう対処しますか?

 

骨折や大量の血は、カタチとして「傷」や「痛み」がとても分かりやすいので、病院へ行って大切にケアや手当をしますよね。ひどい骨折の場合は、多くの時間をかけて、コツコツとリハビリをするもの。

 

一方で、「心の傷」って、目に見えないので軽く思いがちだけど。実は、「心から血が流れて、ひどく痛んでいる状態」なので、大切に治療してあげたいですね

 

今、Eさんの心からは血が流れていて・・とっても辛いのだと想像しています。

 

でも、時間がたてば、血が流れていたキズは、いくつかのプロセスをへて「かさぶた」になっていきます。

 

もちろん、完全に治癒することはないかもしれないけど、新しい恋ができるぐらいの「かさぶた」になります。

 

 

 

こんなことを言っている私も、実は、「心に大きなかさぶたを抱えた人間」です。

 

元気じゃないときは、「2年くらい前にできた傷」がジュクジュクと痛み出すこともある。それでも、この深い傷を抱えながら、生きていきます。

 

さらに、年齢を重ねるほどによく分かるのですが。

 

世の中の人は、ほぼすべて、心の中に「時にジュクジュクと痛む、かさぶた」や「まだ血が流れている、傷」を抱えながら、時には、心の中でシクシクと泣きながら、人生を歩いているものです。

 

 

 

 

 

最後に・・どんな結果に終わったにしても・・「ココロから誰かを愛せたという事実」と「彼に愛されたという想い出」は、まぎれもなくホンモノで・・そんな「人生の*かけがえのない想い出」を大切にしていきたいですね

 

どうか、長い時間をかけて、あの手・この手で優しく自分自身をケアしてあげてください。心から応援しています!(*^^*) 

 

 

・ よかったら、るりかが過去に書いた記事、私は、「この2つ」に頼って「大失恋」を乗り越えましたも読んでもらえたら、嬉しいです)

 


 

page top