新しい自分へ生まれ変わる

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


突然、葉っぱを落とし始めたベンジャミン

 

 

私は、観葉植物の「ベンジャミン」が大好き。

 

昔、実家にいた頃も、1人暮らしの時も、必ず、ベンジャミンを置いていたよ。

 

山や自然が、大好きな私。だから、部屋にグリーンがあると、ほっとするの。(*^^*)

 

 

1月に、恋人と暮らし始めて、久しぶりに、おしゃれなベンジャミンを購入。

 

ベンジャミンは、育て慣れてるし。愛情を込めて、大切に扱っているのですが。

 

最近、急に、一部の葉が黄色くなり・・葉をガンガンと落とし始めました。

 

分かっているのです

 

 

「この大きな変化」を発見した時には、かなり心配したけど。

 

今は、もう大丈夫。(*^^*) 

 

近づいて、よーく見ると、ほら、「小さな新芽」が、たくさん芽吹いてる!

 

やっと、さむーい冬が終わり。「ふうわりと暖かい春が来た」のに気づいて。

 

ベンジャミンは、「古い葉」を積極的に落とし、新しく変化しようとしてるのです。

 

溺れないように泳ぐだけで・・

 

 

すべての人に、必ず、「辛い試練」は訪れる。「いつも幸せそうに見えるあの人」にも・・ね。

 

あなたも、人生で突然に、「辛いこと」が襲ってくることって、あるよね?

 

その「苦しい現実」に飲み込まれ・・溺れないように泳ぐだけで、精一杯で・・

 

 

悲しすぎて、呼吸さえ、うまくできない気分。

 

自分なりに、がんばってきたつもりなのに・・どうして、私が、こんな目にあうんだろう?

 

「たとえ、今は辛くても、この先に、明るい未来が待ってるよ」なんて・・

 

今は、そんなこと、信じられないよ。

 

意味があるのです

 

 

でもね・・やっぱり、あらためて、こう思うのです。

 

たくさんの人が、教えてくれてるように・・辛い出来事には、「何らかの意味」がある。

 

みんな、誰だって、「辛い現実」はいやだし・・いつも、心安らかでいたいよね?

 

それでも、いったん、「その現実」をぐっと受け止めて。

 

「がんばりすぎ」は、よくないから、自分を癒して、大切にしながら・・ね。

 

自分なりにもがき、素直に行動し続けた人には、「もっと明るい未来」が待っている。

 

枯れたように見えても

 

 

たとえ、いったんは、枯れたように見えても・・実は、それは、「新しい自分」が生まれる兆し。

 

苦しい気持ちでいっぱい・いっぱいな時は、なかなか、気づけないものだけどね。

 

 

辛い離婚で、いったんは、何もかもボロボロになって・・「外も中も、枯れたような私」だったよ。

 

でも、「悲しくて寒かった冬」が終わると。

 

ほら、今は、以前よりもっと「自分らしい生活」。以前よりも、「心が満たされる幸せな日々」。

 

「新しい自分」の発見

 

 

自分で言うのも、恥ずかしいのですが。

 

離婚後、辛い気持ちを引きずりながらも・・自分を大切にして、「好きなこと」をおもいっきりしまくって。

 

新しい環境で、「ときめきや刺激」を受けたおかげで、以前よりも、女度がアップしたよん。(*^^*)

 

 

これまでは、「クールな男性」が好みだった*るりかですが。

 

今は、今までとは全く違うタイプの恋人との「新しい生活」で、「新しい自分」を発見しています。

 

「あー、本当は、私って、こうだったのね」と・・「40代で発見する新しい自分」。

 

意外と、自分のことって、分かっていないものだよね? (^_^;)

 

冬から春へ

 

 

せっかく、「たった1つだけの人生」を生きているのだから。

 

どんな時も、「自分自身」をあきらめたくないよ・・ね?

 

るりかは、「新しい自分に変われるタイミング」は、2つだと思っています。

 

 

 

「辛い試練を素直に受けとめて、行動し続けたあと」

 

「自分が「変わろう」と決めて、行動し続けたあと」

 

 

 

ここで言う「行動し続ける」とは、例えば、

 

「外見」を磨いたり(清潔感や姿勢など)。

 

「内面」を磨いたり(性格や会話力など)。

 

「転職や引っ越し」で、これまでの環境を変えたり。

 

「新しい出会い」を積極的に作ったり。

 

つまり、「より良い未来」へ向けた「前向きな行動」です。 (*^^*)

 

生命は「進化」を求めて

 

 

あなたも私も、「自分が決めた時から」、新しく生まれ変われる。

 

さらに「自分らしい未来」を求めつづけて。

 

生命の「遺伝子」は、進化を求めて、変化し続ける。

 

そう、私の部屋にある「ベンジャミン」のように。 

 

 

 

 

わたしたちは

 

踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうだめだ、と思います。

 

が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。

 

生命のある間は、幸福があります。

 

 

ー トルストイ ー (小説家・思想家)

 

 

 

 

2018年 4月13日 記

 

page top