幸せな恋愛と出会うための記事

どっちか1つだけ?

 

 

日々、趣味で「恋愛アドバイス」を読んでいる*るりかです。

 

視野や知識を広げたいから、いろいろな読みものに目を通してるんだけど。

 

時々、恋愛において「愛したいか?それとも、愛されたいか?」って内容の記事があるよね。

 

あれって、「どうして、どちらか1つだけを選ばせるのかなぁ・・」と疑問に感じませんか?

 

だって、そんなの、「どっちも両立したい」に決まってるじゃん!!(*^^*)

 

「両立」は可能です!

 

 

「愛したいか?それとも、愛されたいか?」

 

これまでの人生経験から言わせてもらうのなら、、「愛する・愛されるの両立」は、めちゃくちゃ可能です!!

 

やっぱり、なんだかんだ言って「まずは、自分から愛したい」。そして、「愛してる男から、たっぷりと愛されたい」。

 

2つの要素がそろってこそ、まるで清らかな満月のように*欠けが全くない「最高の至福」だと思うのです。

 

 

そりゃあ、世の中、いろいろな人がいるから、人によるのかもしれないけど。

 

るりかは、昔は、若気の至りで「惚れていない男」と恋人になったことがあったけど。そんな状況が続くと、むなしくなるんだよね。

 

だって、相手がどんなに「いい人」でも、やっぱり愛してない事実があるから。だから、むなしくなるぐらいなら「1人で時間を過ごしていた方がいい」と思うようになったよ。

 

時に、恋愛は厳しい・・

 

 

恋愛って、時に厳しいし・・思いどおりにならないから、「胸が引き裂かれるほどの絶望」を彷徨うことも。

 

そして、年月の経過とともに「変化」するものもあって・・深く愛し合っていたはずの2人なのに、その愛がなくなってしまうこともある。

 

でもね、るりかは、これまでの人生で経験した「ひどく壊れてしまった愛」や「失ってしまった恋」に対して・・・1ミリも後悔はしていない。

 

なぜかっていうと、「自分が、自分の意思で選んだ道」だから。あと、今は「その愛を失ってしまった」としても、「愛があった日々」は幸せだったから

 

欲ばりになってもイイ!

 

 

繰り返しになるけど、「愛する・愛されるの両立」は、めちゃくちゃ可能です!!

 

「自分が心から愛している」からこそ・・その人に本気で愛されたら、「この世のものとは思えないほどの幸福感」が得られるから。

 

うん。私たちは、「恋愛や人生で、自分が求めているもの」に対して、おもいっきり欲ばりになってもイイ!と思うのです。(*^^*)

 

最後に追加するなら、「愛か?それとも、お金か?」の二者択一の質問も・・ホント不思議だよね〜。もちろん、るりかは、その両方に恵まれていたいのだ!!

 

 

2019年 9月9日 記

 

 

 

人生で最も幸せを感じる瞬間というのは、他人から「愛されている」、もしくは、「自分自身を愛すること」を実感できるとき。

 

もしくは、自分と同じように誰かを愛するとき。

 

ー ヴィクトル・ユーゴー − (詩人)

 

page top