望むものを引き寄せる方法

潜在意識の活用

 

 

先日、「引き寄せ」について書きました。

 

言いかえるなら、「潜在意識の活用」ですね。

 

潜在意識の活用については、ジョセフ・マーフィーが有名です。

 

あらためて、マーフィー博士の著書「成功生活88の方法」から、

 

「人生の黄金律(ゴールデン・ルール)」を紹介します。

 

 

1 その人の人生は、その人が思い描いたとおりになる

 

2 よいことを思えばよいことが起き、悪いことを思えば悪いことが起きる

 

3 潜在意識は、メカニックで正邪善悪に区別をつけない

 

 

 

潜在意識の活用を意識し始めたのは、数か月前なのですが。
過去をふりかえれば、「思い当たること」はたくさーんあります。

 

その時は、「ただの偶然」だと思っていたけど。

 

今日は、「先日私が行った実験」について書きたいと思います。

 

本を紹介します

 

 

まずは、ある本を紹介します。

 

「こうして思考は現実になる(パム・グラウト著 桜田直美訳)」

 

これは、理論的で分かりやすい本です。
「引き寄せ」に興味のある方は、ぜひ読んでください!

 

どんな事でも、そうですが。
本をたくさーん読んで、分かったつもりになっていても。日常生活で実践しないと、意味がないです。

 

(世の中に、「やらないで批判ばかりしている人」がいるけれど。もしくは、少しやっただけで「悪い」と決めつける人)

 

この記事を読んでくれてるあなたは、「自分磨きに前向きな方」だと思うので、ぜひ実践してみてください。

 

 

この本では、「いくつかの実験」が、紹介されています。

 

「あなたの潜在意識が、現実を引き寄せる」

 

この事を証明するための実験です。

 

先日、私は本の中の「実験2」をやってみました。

 

結果から言うと、その通りになりました!

 

気になっている男性に、デートに誘われたくて。実験のやり方どおりに、「その場面」を強くイメージ。
3日後に、その通りになりました!

 

「怪しい!」って、思うかもしれませんね?昔の私なら、そう思ったかも。

 

では、実際に、あなたがやってみてください。

 

でも、1つだけ、「絶対に守らないといけない条件」があります。

 

この実験の間は、「自分のイメージが現実になる」と100%信じること。

 

あなたが、「そんなの起こらないよ」と思ってしまえば、そちらの想いが「現実」となってしまいます。

 

実験のやり方

 

 

この本から、「実験2」について引用します。

 

(一部、省略や加筆をしています)

 

ぜひ、今日実験をやってみてください。

 

 

 

この実験は、全知全能で完璧なFP(可能性のフィールド)にが存在する証拠を探すためのものだ。

 

制限時間は、48時間。

 

ここでは、FPお願いをしてみよう。何か予想外の贈り物を「48時間以内」に届けてもらうのだ。

 

たとえば、連絡の途絶えていた昔の友人からカードが届くといったことだ。こちらの望みを明確に伝え、期限を決めることは必要だ。

 

FPにお願いする時は、自分がどんな気持ちになるかチェックしてみよう。
お願いをする時の気持ちが、「あなたという人間」について多くのことを物語る。

 

もしかしたら、あなたは、「自分には贈り物をもらう価値なんかはない」と思っているかもしれない。その気持ちもエネルギーのフィールドに送られ、エネルギーの反響の仕方に影響を与える。

 

この実験を正しく行うには、疑う気持ちをすべて捨てなければならない。

 

ただ、実験を行う48時間の間だけで構わない。
あなたはただ、証拠を見つけることだけを考えて、2日間を過ごせばいい。

 

私の場合は

 

 

本には、「48時間以内」と書いてありますが。

 

私の実験では、結果が出るまで「72時間」かかりました (^_^;)
48時間を経過した時には、不安になりました。

 

だって、叶うと100%信じてるのに、叶わないんですから。

 

でも、3日目の夜に、「私の願い」は実現!
叶うと信じていたので、「やっと来たー」と思いました。

 

「引き寄せる力」は、信じれば信じるほど強くなる。

 

あなたも、まずは「信じること」から始めてみませんか?

 

そして、「望むもの」をどんどん引き寄せてみてください。

 

 

 

あなたの成功や目標達成を

 

じゃまする唯一のものとは、

 

あなた自身の考えや心で思っていることです。

 

ジョセフ・マーフィー (自己啓発作家・牧師)

 

 

 

 

2017年 12月13日 記

page top