「幸運の引き寄せ」であせらないコツ

「引き寄せ」は上手くいっていますか?

 

 

このサイトでは、「幸運の引き寄せ」についても、よく書いているよ。

 

「引き寄せ(潜在意識の活用)」については、たくさんの本が出版されているから、実践している人も多いのかな?

 

でも、引き寄せには、ちゃんとしたコツがあって、それを上手くやらないと・・望む結果は出ないんですよね。

 

 

るりかは、わりと上手にやっていて、だからこそ、「望むもの」は手に入れてきたよ。(*^^*) 

 

でも、引き寄せのコツで、1つ、「これは、多くの人にとって難しいんじゃないかなぁ」と思うコツがあるよ。

 

実際に、るりかも、この点では上手くいかなかった時期もあって、「どうしたらいいのかなぁ」と思ってた。

 

「あせらない」って難しいよね?

 

 

「幸運の引き寄せ」の本には、「自分の願いの実現」に対して、「あせらないこと」「リラックスして待つこと」って書いてあるよね?

 

その理由としては、焦ればあせるほど、「私には○○がない」と潜在意識にすり込まれてしまい、逆効果だから。。

 

 

例えば、「今は、購入資金がないけど、1年以内にポルシェがほしい」と願ったとします。

 

ここで、あまりにも想いが強くて焦ってしまうと、「ポルシェがほしいのに・・・今はない、買えない」っていう意識の方が強くなっちゃうんですよね。(^^;)

 

そして、「その強い*買えない*という意識の方」が、現実になってしまうという切なさ。

 

 

その理屈はよく分かるんだけど・・るりかは、「想いが強いんだから、あせっちゃうのは仕方がないよね・・どうしたらいいのかな?」と思ってた。

 

そんな時に、ある本を読んで、「よい方法」が頭に浮かんだよ!(*^^*) 

 

この本をきっかけに「あるアイデア」が!

 

 

その本とは、心屋仁之助さんの「ちゃっかり生きてお金が集まってくる話」です。

 

彼の本は、読みやすいし、内容がとっても癒されるので、何回も繰り返し読んでるの。

 

この本を読んでいて、あらためて、「毎日の生活で、いやなことを減らして、自分がときめくことや好きなものを増やす」のが一番いいんだと思ったよ。

 

今、るりかの毎日の生活で、好きなことの割合は、ざっくり言うと「80%」くらい。

 

 

本を読んだ後に、「生活の中で、好きなことの割合をもっと上げよう!」と決めたよ。

 

もちろん、めちゃくちゃ不安があったけど、思い切って「いやだなと感じていた作業」を減らしてみました。

 

この作業を減らすと、今後の収入は減るし、ぶっちゃけ、かなり不安だった。

 

 

でも、「やれない理由」ばかりをウダウダ言っていても、仕方がないから。とりあえず、エイッとやってみた〜〜!

 

実際にやってみたら、「勇気を出せた自分」にわくわくして、これまでよりも「もっとハッピーな毎日」になったよ!

 

うそみたいな本当の話

 

 

あのね、これから伝えるのは、ウソのような本当のお話

 

これって、経験したことがある人なら、絶対に分かるよね?

 

数週間前に、るりかは、「毎日の生活で、いやなことを減らした」ことで、時々、「心がふるえるような*鳥肌が立つような*わくわく感」を得られるようになったの。

 

そして、根拠はないんだけど、「近いうちに、ものすごい幸運がやってくる」と感じていた。

 

そうなの。「そんなハッピーな気持ち」で毎日を過ごしていると、不思議と、夢や願望に対して、焦りがなくなってくるんだよね。(^_-)

 

 

そして・・先日の夜、ふとメールをチェックしてみたら!

 

いきなり、「ものすごーく夢のようなお話」をいただけました。(*^^*) 

 

これは、るりかにとっては、「これって現実なのかな?夢じゃないのかな?」とほっぺをつねりたくなるぐらいに素晴らしいことで・・(涙)

 

「私が、半年前からずっと強く願って、動画を再生するようにイメージしていたこと」が、近いうちに叶います!

 

今は、詳しくは書けないのですが、来月中には、このサイトでお伝えしたいな。

 

るりかの近況は

 

余談だけど、るりかは、相変わらず、「旅しまくりな*楽しい週末」を送っています。

 


「愛する雪山」を滑ったり*登山したり

 


「初めての場所」へ旅してワクワクしたり

 


彼の誕生日に「ずんだもち」を手作りしてみたり(イメージ画像だよ)

 

たった1つしかない*かけがえのない人生、「いやなこと」をなるべく減らして、思いっきり楽しみたいよね!(*^^*) 

 

 

 

「ちゃっかり生きてお金が集まってくる話 (心屋仁之助 著)」より抜粋

 

僕が本や講演会でいつも伝えてること、言いたいことはとてもシンプルです。

 

イヤなことはやめて、やりたいことをやろう。

 

結局、ここに行き着きます。

 

「好きなこと」「やりたいこと」ができない理由をグタグタ並べていないで、誰かのうまくいった方法や提案されたことを批判しないで、「とにかくやる」。

 

そうすると、停滞していた人生が動き始めます。

 

「ちゃっかり生きてお金が集まってくる話 (心屋仁之助 著)」

 

page top