辛い時には思いっきり泣くといいよ

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


人生って、なかなか大変ですね

 

 

人生って、楽しいこともあるけど。
つらいことも、時折、わさーっと降ってきますよね。

 

・人間関係
・失業
・病気
・失恋
・災害
・死別

 

などなど。

 

みんな、どうやって乗り越えているのでしょうか?

 

つらい時はどうしてる?

 

つらいときって、自分を責めがちだと思うんですよね。
実は、私は、そうです。

 

「自分が人としてダメだから、○○になったんだ」とか

 

「自分が○○したから、こんな結果になった」とか、自分を責めてしまいます。

 

そう思ってしまうのは、自然なことだから。
その「思い」を抱きしめてあげるのが、大切ですよね。

 

 

私も、これまでに「つらい経験」をたくさんしました。

 

そんな自分の経験から強く思うのですが。

 

この初期段階で、自分が「自分の思い」を受容してあげないと、次のステップへ進めないんですよね。

 

だから、ドロドロでダークな気持ちも、すべてOK。「よしよし」と受けとめてあげてください。

 

 

ドロドロな気持ちを直視するのは、苦しいけど。

 

すべてのモノには、陰と陽があるのです。

 

だから、「さわやかなあなた」と「ドロドロなあなた」がいるのは、自然なこと。

 

この段階をしっかりとやった方が、確実によい方向へと進むことができます。

 

思いっきり泣くことの大切さ

 

 

泣くのを抑える人がいますが。涙は抑えない方が、心と体にいいよね?

 

声をあげて、いっぱい泣いてね。

 

泣いて、泣いて、泣きまくる。涙がこれ以上出ないくらい、泣いて。

 

不思議と、たくさん涙を流せば流すほど、ストレスが発散される。

 

泣くこととは、立ち直るための手段です。

 

泣く人は、弱くないんです。素直に泣ける人は、強い。

 

思いきり泣くと、現実と向き合えるのです。

 

ピンチはチャンス?

 

 

綺麗ごとは、言いたくないけど。

 

「ピンチは、実はチャンスだった」ってこと、よくありますよね?

 

私自身は、よくありました。

 

例えば、あのピンチのせいで、引っ越さないといけなくなった。

 

でも、しばらくしたら、新しい環境で、新たなチャンスができたとか。

 

あのピンチで試行錯誤したら、新しい発想ができるようになったとか。

 

 

もちろん、ピンチの最中には、そんな風には思えないかもしれないけど。

 

少しでも、頭の隅に置いておくと、気持ちがラクになるかも。

 

この機会に、

 

「あなたが今までに体験した数々のピンチが、結果的にどうなったか」

 

を思い出してみてはどうでしょうか?

 

意外と、「その後チャンスにつながっていた」なんてことがあると思うよ。

 

つらい時こそ、自分に優しくできたらいいね。

 

 

 

大きく行き詰まれば、大きく道が開ける。

 

出光佐三 出光興産創業者

 

page top