恋愛とコンプレックスの関係は

みんな、コンプレックスを持っている

 

 

あなたは、「自分に対するコンプレックス」はありますか?

 

もちろん、私には、「軽いコンプレックス」と「深刻なコンプレックス」の両方ある。

 

コンプレックスのない人なんて、いないんじゃないでしょうか?

 

「コンプレックス=劣等感」

 

自分に対する「ある部分」に劣等感を持っているってこと。

 

それって、恋愛において、不利なんでしょうか?

 

いい機会だから、自分のケースで考えてみました。

 

私のコンプレックス

 

 

恥ずかしいけど・・私自身のコンプレックスを、一部あげてみますね。

 

(内面)

 

・鈍くさい

 

・頭の回転が遅い

 

(外見)

 

・歯が出ている

 

・おしりが大きくて出ている

 

・胸が小さい

 

私のコンプレックス(劣等感)は、恋愛の妨げになってきたのでしょうか?

 

過去の恋愛をふりかえって(1)

 

 

まずは、「内面的なコンプレックス」で考えてみますね。

 

私、本当に「鈍くさい」んですよ。

 

子供って、残酷じゃないですか。だから、小さい頃、「るりかちゃん、鈍い〜」ってからかわれました。

 

それが、本当にコンプレックスで、よく泣いていました。

 

「なんで、こんな役に立たない自分が、生きてるのかな?」

 

「鈍くさい私なんて、生まれてきた価値がない」って。

 

 

大人になっても、大人なりに残酷な人っていますよね。

 

私は、一生懸命にやってても、頭の回転が遅いから。
意地悪な人にいらいらされたり。パワハラのターゲットになったり。

 

仕事面では、いいことなんてないです。

 

 

けど、あらま!これが、恋愛になると、プラスに働いたりするんです!

 

「鈍くさい」=そういう不完全な所が、かわいい

 

「頭の回転がおそい」=俺が守ってあげたい

 

私自身も、完璧な男性は、好みじゃない。だって、そういう男性といると、疲れるんだもん。。

 

過去の恋愛をふりかえって(2)

 

 

次に、「外見的なコンプレックス」で考えてみますね。

 

 

 

1 「歯が出ている」

 

これは、全くマイナス要因にならないですね。恋愛の相手に指摘されたこともないし。

 

 

 

2 「おしりが大きくて出ている」

 

これ、ずーっとコンプレックスですね。パンツやスカートを選ぶ時に、いつも悩んでるし。

 

でも、「ヒップハングのパンツをはくと、私のお尻は、きれいに見えること」に気づいたよ。

 

こうやって、「欠点をカバーするような工夫」をするといいかも。

 

 

ちなみに、「こういうお尻が好き」っていう男性は、たくさんいます。

 

今でも、自分のお尻は、あまり好きじゃないんだけど・・ね。

 

 

 

3 「胸が小さい」

 

これって、けっこう深刻なコンプレックスですよね?

 

今だに、男性を好きになった時には、かなり不安になります。

 

でもね。世の中って、いろいろな好みの男性がいるんですよ。

 

胸が小さいのを、ぜーんぜん気にしない男性は、たくさーんいますよん。

 

 

だから、私は、大きなパッドを胸に入れて、ごまかしたりしません(笑)「ぺちゃんこ胸」で、堂々とデートします。

 

そうすると、「俺は大きな胸がいい」って男性は、去ってくれるじゃないですか。

 

だってね、望みのない相手には、早い段階で去ってほしいから。

 

つまり?

 

 

るりかが、この記事で一番伝えたいのは。

 

「自分がコンプレックスに感じている要素は、意外と恋愛には、不利にならない」ってこと。

 

でも、どうしても気になるなら、「美容整形」を考えてもいいと思います。

 

コンプレックスを気にして、もやもやしてるよりも、「変わろう」と工夫している方が、魅力的ですよね?

 

もちろん、美容整形に依存しすぎている人もいて・・それはそれで、不健康だと思うけど。

 

今の世の中は、便利だから・・やろうと思えば、多くのことは実現できる。

 

 

「やらない言い訳」を考えていても、よい変化は起きないよね?

 

世の中には、自分が思っている以上に、いろいろな好みの男性がいます。

 

「自分を受け入れてくれる人が必ずいる」と信じてみませんか?

 

 

 

嫌だと思っているのは自分だけで、人は気にしていない。
欠点のいくつかは、誰かに害を与えるものではない。

 

本人にとっては大きな悩みでも、
コンプレックスのほとんどは、自分だけの問題。

 

ー秋元康ー  (作詞家・放送作家)

 

 

 

2017年 11月27日 記

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top