大失恋の乗り越え方は

   

あなたの恋愛人生を劇的に変えたいのなら・・「とろける会話力」をトレーニングしてね!  


失恋のどん底は

 

 

失恋って、辛いですよね?心だけじゃなくて、体も引き裂かれそう。

 

「あきらめなきゃいけない」・・そう思うほどに、あの人をいっそう強く想ってしまう。

 

そんな人は、今この瞬間にも、たくさんいるんじゃないかな?

 

私も、失恋を経験しているので、辛い気持ちは、痛いほど分かります。

 

今回は、「過去の大失恋」について書きますね。

 

20代の大失恋

 

 

26才の頃、4年付き合った彼にふられました。

 

それは、るりかにとって、あまりにも突然の出来事だった。

 

私の失恋は、いつも「突然に」起こる。

 

彼とは、必ず結婚すると信じていた。

 

1週間前のデートでは、ラブラブだったのに。一体、どうしてなの?

 

納得がいかなくて、たくさん質問したかったけど・・彼は、別人のように冷たい。

 

 

電話がなるたびに、「彼から?」と思ってしまう。

 

「ごめん。俺、後悔してる。やっぱり、お前がいなきゃダメだ」

 

そう言ってくれることを期待してた。

 

でも・・いつも、電話は、彼からじゃない。

 

立ち直るのに「2年も」

 

 

失恋の苦しみで、ごはんが、ほとんど食べられない。

 

布団にくるまって、ずっと泣いていたい。けど、せめて仕事だけはいかなきゃ。
自分にそう言い聞かせて、息も絶え絶えに、1日を過ごす。

 

「彼との想い出の場所」を通るたびに。全身が、シクシクと痛くなる。

 

 

「私を愛していたはずの彼」は、もういない。自由になった彼は、別の女性とデートしているかも。

 

そう思うと苦しくて、涙がぽろぽろと出た。

 

他の男性が、「じゃがいも」にしか見えない。私は、彼じゃないとだめなんだ。

 

結局、この大失恋をふっきるのに、2年もかかりました。

 

不思議なもので

 

 

あんなに辛かった大失恋ですが。

 

前の主人と結婚した時は、「あの時、大失恋して、よかったー」と思いました(笑)

 

だってね、「ふられた彼」よりも、かなり魅力的な人だったから。

 

 

悲しいことに・・9年後、その主人にもふられちゃった。

 

はっきりとは書けないのですが、心がくだけるほどに、辛い出来事がありました。

 

「絆」を心から信じていたのに。私はもう、「絆」を信じられないかもしれない。

 

その「虚無感」が、本当に辛かったです。

 

 

下が、離婚直後に書いた記事です↓

 

離婚成立の直後で、私が感じていること

 

 

でも、たったの半年後に、愛する恋人ができて。甘えん坊な私には、ぴったりの心優しい男性。

 

また、「愛や絆を信じようとしている自分」がいます。

 

離婚当時は、「回復に何年もかかる」と思っていました。
それほどに・・心のダメージや虚無感は、大きかった。

 

けどまた、「あの人に、ふられてよかったー」と思ってる自分がいます。

 

大失恋したあなたへ

 

 

私が、この記事で一番伝えたいこと。

 

失恋して絶望しているあなたへ。

 

どうか、あきらめないで。

 

必ずまた、素敵な恋ができる日が来る。

 

そのための条件が、1つだけあります。

 

それは、「自分自身が、新しい恋を望むこと」。

 

 

潜在意識の法則では、「自分が強く信じたことが、現実になる」。

 

「結婚したい」と言いつつ、ずっと独身の人は、実は、潜在意識では、結婚を望んでいないのです。

 

自分自身が「幸せな恋」を強く望めば、それは、必ず現実になります。

 

どうか・・「あなたの明るい未来」をあきらめないでね。

 

 

 

 

別れの辛さに馴れることは、決してありません。

 

幾度繰り返しても、別れは、辛く苦しいものです。

 

それでも、私たちは、死ぬまで人を愛さずにはいられません。

 

それが、人間なのです。

 

ー瀬戸内寂聴ー 

 

(日本の女性小説家、天台宗の尼僧)

 

 

 

 

2018年 2月6日 記

page top