幸運を引き寄せる人がやっていること

夢をかなえるのって、難しいと思っていませんか?

 

 

たくさんの本に、「行動が大事」と書いてあります。

 

けど、実際に行動できる人は、意外と少ないそうです。

 

実際、あなたは、どうでしょうか?

 

子供の頃の大きな気づき

 

私には、大きなコンプレックスがありました。

 

暗い、不器用、鈍くさい、とろい

 

周りからも言われたし、
自分でも、なんでひどく不器用なのか不思議でした。

 

子供ながらに、「こんな自分は、価値がない」と思っていました。
明るい社交的な子たちが、うらやましかった。

 

雑誌で、「ノートに何度も書くと、願いがかなう」と読んで、
何回も、「社交的になりたい」と書いた記憶があります。

 

今思えば、ちょっとこわい気もするけど・・それほど追い詰められてたのかな。

 

悩み疲れた私がやったこと

 

 

ノートに書いても、願いは、かなわない。
考えても考えても、悩みは、解決しない。

 

私は、何年も同じことで悩むことに、くたくたに疲れてしまい・・

 

悩み疲れた私は、やけくそで、ある決意をしました。

 

もういやだ。同じことの繰り返しは。
これから、無理してでも、いろんな子に話しかける。明るいふりをする。

 

 

 

次の日から、やけくそで、周りの子に明るく話しかけました。
もともと、コミュニケーションが下手な私。
もちろん、最初から、うまくいくわけがない。

 

会話が進まなかったり・・
気まずい雰囲気が流れたり・・

 

しかも、明るいのは演技だから、疲れる。。

 

それでも、続けていくうちに、ある事に気がつきました。

 

周りの子の態度が、変わってきている。
さらに、「暗いと思ってたら、本当は明るいんだね」と言ってもらえた。

 

「この言葉」が、がんばっている私の励みになりましたね。

 

 

1年たつと、不思議なことに気付きました。

 

あれ?最初は、「明るいふり」だったのに。

 

演技じゃなくなってる!自然にできるようになってる!

 

この体験から気づいたこと

 

「この体験で得た気づき」は、子供心にすごく大きなものでした。

 

「夢があるなら、まず行動する」

 

「行動は、続ければ、習慣になる」

 

親友を見て思うこと

 

 

私には、長年の親友がいます。彼女には、時々、つらい試練が訪れます。

 

そのたびに、「彼女は、前向きだ!」って感心。

 

前向きな人って、対策を考えると同時に、どんどん行動にうつしていきます。

 

行動していくことで、「前向きな運」を呼び込むのですね。

 

 

私は、彼女が行動し、失敗を重ねる中で、夢を実現していくのを、何回も見てきました。

 

行動しながら、願いを言葉に出していくことで、周りが助けてくれたり、有益な情報をくれたりします。

 

大事なことなので、繰り返し、書きますね。

 

行動することで、「前向きな運」を呼び込むことができる。

 

Fake it till you make it

 

私は、英語が好きで、特に、20代のころは、英語を一生懸命に勉強していた。

 

実は、英語をがんばったのも、自分に対するコンプレックスから。
一つだけでいいから、「自信を持てるもの」がほしかった。

 

TED TALK という「プレゼンテーション番組」を知っているでしょうか?
有名人の質のよいプレゼンテーションが見られるので、お勧めだよ!

 

英語を勉強している人なら、リスニングのトレーニングにもなるよ。

 

 

 

ある日、TEDを見ていたら、
Amy Cuddyさん のスピーチに心うたれました。

 

Amy Cuddyさんは、ハーバード・ビジネス・スクールの教授で社会心理者。

 

私がはっとしたのは、このセリフです。

 

Fake it till you make it

 

「私が子供のころに実践したのは、これだ〜」と思ったし。
彼女の理論を自然にやっていたと思うと、誇らしくなりました。

 

興味のある人は、下のリンクをクリックしてください。動画のページに移ります。

 

Amy Cuddyさんのページを見る

 

あなたも、「○○な自分になりたい」と思っているなら、1日1分からでも、行動してみませんか?

 

ムリするのはよくないので、少しずつやってみてくださいね。

 

1年後には、「なりたい自分」に近づいているはずです。

page top